音楽好きなら知っておきたい音楽ファイルのフォーマットの特徴

Export

レコードやCDを持っていなくても、音楽をダウンロードやストリーミングなどデジタルデータで楽しめるようになった。

デジタルデータの音楽ファイル形式は何種類もあるが、どんな違いがあるのだろうか。

この記事では、主要な音楽ファイルのフォーマットの種類や特徴をまとめた。

音楽ファイルは音声圧縮方法によって3つに分類

音楽ファイルのフォーマットは音声圧縮方法によって「非圧縮音声フォーマット」「非可逆圧縮音声フォーマット」「可逆圧縮音声フォーマット」の3種類に分けられる。

非圧縮音声フォーマット

名前の通り圧縮されていない音楽ファイルフォーマット。

圧縮されていないためデータサイズは大きい。

原則、オリジナルデータと考えられ、音質はCDと同等とされる。

代表的なのはMacならAIFF、WindowsならWAV。

非可逆圧縮音声フォーマット

非可逆圧縮はロッシー圧縮とも呼ばれる。

人間の可聴域にない音を削って圧縮するため、オリジナルデータに比べ音質は劣るがデータサイズを大幅に削減できる。

一度圧縮したら元のオリジナルデータには戻せない。

現在の音楽ファイルでもっとも一般的で認知度の高いMP3やAACが代表的。

可逆圧縮音声フォーマット

可逆圧縮はロスレス圧縮とも呼ばれる。

元のオリジナルデータと同一のデータを保ったまま約半分のサイズに圧縮。

そのため元のデータに戻せる。

可逆圧縮音声フォーマットは論理的にはオリジナルデータと同一音質を保ったままデータを圧縮できるが、非可逆圧縮のMP3やAACに比べるとデータサイズは大きい。

また再生可能機器が非常に少なく、現在主流の音楽配信サイトやストリーミングサービスで扱われていることも少ない。

代表的なのはFLAC。

主要な音楽ファイルフォーマットの種類

数ある音楽ファイルフォーマットの中でも代表的なものを特徴を挙げて紹介。

AIFF[エイアイエフエフ]

  • Audio Interchange File Format
  • 非圧縮音声フォーマット
  • 拡張子 [.aiff][.aif][.aifc][.afc]
  • Appleの標準音声フォーマット。非圧縮のため音質はCDと同じでデータサイズは大きい。

WAV[ウェーブ]

  • Waveform Audio Format
  • 非圧縮音声フォーマット
  • 拡張子 [.wav]
  • 主にWindowsで使われる音声フォーマット。非圧縮のため音質はCDと同じでデータサイズは大きい。

MP3[エムピースリー]

  • MPEG Audio Layer-3
  • 非可逆圧縮音声フォーマット
  • 拡張子 [.mp3]
  • 音楽ダウンロードで最も一般的で認知度の高いフォーマット。非可逆圧縮方式のため、ファイルサイズは小さくなるがCDよりも音質は劣る。多くの音楽ダウンロードサイトやオーディオ機器に対応されている。

AAC[エイエイシー]

  • Advanced Audio Coding
  • 非可逆圧縮音声フォーマット
  • 拡張子 [.aac][.mov][.mp4][m2ts][.m4a][.m4b][.m4p][.3gp][.3g2]
  • 同じ非可逆圧縮音声フォーマットのMP3よりも高い音質が特徴。iTunesの標準形式。

FLAC[フラック]

  • Free Lossless Audio Codec
  • 可逆圧縮音声フォーマット
  • 拡張子 [.flac]
  • 可逆圧縮方式のため再生時の音質はCDと同じ。iTunesに対応されていないなどオーディオ機器や音楽配信サイトのサポート面がまだ弱い。

MacユーザーならAACが無難

今回紹介したフォーマット以外にもまだまだ多くの種類がある。

それぞれ特徴があって音質重視かデータの軽さ重視かで選べばいいのだが、やはり知名度のあるフォーマットの方がおすすめ。いくら高音質でもオーディオ機器や音楽配信サイトが対応していないと意味がない。

MacユーザーであったりiTunesやAppleMusicを使っているなら、標準フォーマットであるAACがバランスがよく使いやすいだろう。

以上、音楽ファイルのフォーマットをちょっとだけ掘り下げてみた。