視力回復体験談、ラゼックの費用や痛み

視力回復といったらレーシックが思い浮かぶだろうか。

レーシックはレーザで角膜の角度を矯正する視力回復法のこと。このように角膜の角度を調整する手術を屈折矯正手術という。現在、屈折矯正手術で最も有名なのがレーシックというわけだ。

実は近視や乱視の治療法である屈折矯正手術には様々な種類がある。

その中のひとつにラゼック[LASEK]という手術がある。

オレは2017年11月にこのラゼック手術を受けた。

ラゼック手術とはどんな感じなのか。

この記事ではオレのラゼック手術の体験談をもとに、手術にかかる費用や時間、手術の行程や実際の様子をまとめた。

ラゼック[LASEK]とは

ラゼックは角膜の形状異常や角膜が薄くレーシックができない人でも施術可能な屈折矯正手術のことである。

レーシックよりも薄く角膜上皮層のみをめくり、レーザーを照射。めくった角膜上皮は自然再生させるため、目の衝撃に強い。そのためボクシングや格闘技など、激しいスポーツをする人にもおすすめされる。

レーシックに比べると術後の視力回復が遅く、視力の安定まで1週間程かかる。数日間、痛みが続くこともある。

術後約半年は、紫外線から目を保護するため、サングラスや保護用メガネを着用する必要がある。

ラゼックにかかった費用

視力回復手術は病院や手術内容によって費用に大きく差がある。

相場は両目で15万円から35万円くらいだろう。

視力回復手術は自由医療になるため、健康保険は適応されず、すべて自己負担となる。

オレが受けたラゼック手術は両目で24万円だった。

ラゼックにかかった時間

ラゼックの手術自体は両目で15分くらいで終わる。

だが手術前の準備から手術後の術後検診すべてが終わるまでには約半年かかった。次ような流れだ。

・手術前1週間(予約の電話をした際、コンタクトの装着により圧迫変形した角膜をもとの形に戻すため、3日以上前からコンタクトを外すよう指示された。)

・手術当日午前(約2時間。申込み受付、適応検査、診察、カウンセリングなど)

・手術当日午後(約1時間半。手術の説明や注意事項、施術本番)

・術後翌日検診

・術後3日後検診

・術後1週間検診(保護用コンタクト外す)

・術後1ヶ月検診

・術後3ヶ月検診(約2ヶ月オセアニアを旅したため1ヶ月遅れて検診を受けた)

・術後6ヶ月検診

最終の術後検診のあとも出来るだけ紫外線対策はしたほうがいいとのこと。

ラゼック手術当日、手術行程

手術当日午前に適応検査を受け、担当医による最終診断で手術可能と診断され午後にラゼック手術受けた。待ち時間が長いが手術行程の動画を見るようにiPadを渡された。

午後は手術前に行程の説明や術後の注意点などの説明をしてくれた。

その間、何種類かの目薬も点眼された。

そしていよいよラゼック手術へ。手術の行程はこんな感じだ。

1、洗浄・麻酔

眼を洗浄し、麻酔薬を点眼する。

2、角膜上皮をやわらかくする

角膜上皮をアルコールで浸しやわらかくする。

3、角膜上皮をめくる

やわらかくなった角膜上皮はをめくる。

※何かで角膜をひっかかれる感じはするが、痛みは全くない。

4、角膜を矯正する

レーザーを照射し角膜を矯正する。時間は数十秒程度。

※焦げ臭いにおいはするが、痛みはない。

5、保護用コンタクトの装着

角膜上皮を洗浄後、角膜を保護するための保護用コンタクトレンズを装着。

ーこの行程を両目行い、手術終了。ー

ラゼック手術の痛み

麻酔のおかげて手術中はまったく痛みはない。

ただ意識はあるので、眼球を触られている感覚はあった。

担当医が「はい、洗浄液流します」とか「はい、レーザー照射します」といちいち言いながらの施術だったため、なかなかどきどきした。

レーザー照射前の角膜をめくる際に緑の光を見るように言われて、何かで角膜をひっかかれた時に視界がぼやけた、この時、角膜がめくられた感覚がした。

手術中は痛みはないが眼球に触られたり角膜をひっかかれる感覚があるので、なんとも言い表せない変な感じだった。

ラゼック手術後

手術後は4種類の目薬を1日に5回点眼する生活がしばらく続く。

しかも4種類の目薬は混ざらないように5分くらい間隔を空けなければならないのだ。

1日の点眼回数は術後検診のたびにだんだんと減っていった。

ラゼックは視力回復まで時間がかかると言われているが、オレは手術後の帰り道から裸眼で見える実感があった。でも確かに1週間経った頃に視力が安定した。

ひとつだけ辛かったこと

ラゼックの手術を終え、翌日検診の翌日。つまり術後2日目のこと。

起きた時から両目がずっと痛かった。目が開けれないほどで、ずっと涙と鼻水が止まらない。

切りたての玉ねぎを目の中に入れられたような感じだ。

この日は何もできずに、ずっとベッドで寝込んでいた。

なぜか術後2日目だけこんなことがあった。

まとめ。今のところ視界良好

オレのラゼック手術体験はこんな感じだ。

もちろん手術に踏み切る前はかなり視力回復手術のことは調べた。

大事な目のことなので納得するまで調べ上げるのがいいだろう。

この記事は少しは参考になっただろうか。

手術後約1年。

視力回復手術は人生で一番価値のあった買い物だと思っている。

視力は両目1.5。今のところは視界良好で調子はいい。

だが手術前よりは敏感になっているので、できるだけ目にダメージや負担をかけないように気づかっている。