現代の新しいライフスタイルの理想のかたちミニマリスト

ミニマリストやミニマリズムという言葉はきっと聞いたことがあるだろう。

「断捨離して少ないモノで生活している人」というイメージが強いだろうか。

確かに少ないモノで暮らしているミニマリストは多いようだ。

だがミニマリストは決してただの断捨離の達人なんかではない。

そもそも、ミニマリストについて詳しく知らなくて、気になっている人も多いだろう。

「ミニマリストはどんな生活をしているのか」

「ミニマリストはどんな持ち物を持っているのか」

「ミニマリストは普段何しているのか」

「ミニマリストはかっこいいのか」

色々と調べてみたらミニマリスト・ミニマリズムの本質が素晴らしいことに気づいた。

この記事では、ミニマリストの特徴やライフスタイル、ミニマリズムの本質などをまとめた。

ミニマリストとは

ミニマリストの意味

ミニマリストの概要はこうだ。

ミニマリストとは

持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方で、大量生産・大量消費の現代社会において、新しく生まれたライフスタイルである。「最小限の」という意味のミニマル(minimal)から派生した造語。

コトバンク より

もともとミニマリストは、2010年頃にアメリカの富裕層の間で使われるようになった言葉。何でも手に入れてきた富裕層が「いくら高価でいいモノをたくさん所有してもそれだけでは幸せにはなれない」ということに気づいたんだとか。

その後そのミニマリストという考え方は日本にも広がった。

若い世代の多くの人が生まれた瞬間から多くのモノに囲まれてきた。世の中は当たり前のようにモノに溢れていた。当然、大量生産・大量消費社会に疑問や違和感を持つ人も現れる。

多くのモノに埋もれて、自分が本当に大切にしたいことを見失ってしまうという思いから、ミニマリストのライフスタイルを志す人が増えたということだ。

ミニマリストといっても所有するモノはライフスタイルに合わせて人それぞれ。自分が最小限必要だと思うモノを所有すればいい。

一般的に最小限とされる家具や家電は揃えている人もいれば、本当に生活できているのかと疑ってしまうほど部屋にモノがない人もいるそうだ。

いずれにしろ共通しているのは、自分にとって必要最小限で日々の生活を豊かにしてくれるモノということである。

ミニマリストと断捨離の違い

必要最小限のモノだけで暮らす人であるミニマリスト。

ミニマリストと断捨離は同じなのか。断捨離の概要はこうだ。

断捨離とは

モノへの執着を捨て不要なモノを減らすことにより、生活の質の向上・心の平穏・運気向上などを得ようとする考え方のこと。

コトバンク より

ミニマリストと断捨離はどちらもモノを減らすことで豊かな生活を得る、という共通点がありとても似ている。

違いは何だろうか。

断捨離はミニマリストのようにシンプルライフを目指すのではなく、掃除や整理などでモノを捨てる時の考え方や手段のこと。

簡単にいうと、ミニマリストは生き方、断捨離は生活の術。

例えば、ミニマリストの部屋はモノが少なく見えるが、断捨離した部屋はモノが少ないとは限らない。

ミニマリストと断捨離の違いはこんな感じだ。

ミニマリストの特徴

モノを持たない

ミニマリストは必要最小限のモノしか持たない。

人によっては部屋にテレビ、冷蔵庫、洗濯機などがない。

当たり前だという既存の考え方に疑問を持ち、自分にとって本当に必要か考える。自分に必要がないと思ったら所有しない。

そのため所有するモノは厳選する。

すべての持ちモノがスーツケースに収まってしまうミニマリストもいるのだとか。

必要最小限のモノで豊かに暮らすため、スペック等には妥協しない人がほとんどだ。

レンタルやシェアサービスを利用する

モノを厳選するミニマリストはレンタルやシェアサービスを利用する。

ミニマリストは使用頻度が少ないモノは所有したくないと考えをもっている。

すべてのモノを自分で所有する必要はないのだ。

車など必要な時だけレンタルすれば維持費もかからないので無駄な出費も抑えられる。

小さな家や狭い部屋に住む

必要最小限のモノだけで暮らすミニマリストは当然大きな家や広い部屋も無駄だと考える。

家賃が安くなったり、狭いため掃除が楽だったりとメリットは多い。

モノを増やさないことにも繋がるそうだ。

驚くことに家も持たないミニマリストもいるようだ。

経験や好きなものにはお金をかける

無駄なモノを削り、無駄な浪費をしないミニマリストは経験や好きなものにはお金をかける。

モノ以上に大切にしたい経験は自己投資に繋がる。

好きなものは自分にとって豊かに暮らすために必要だ。

心の余裕を持っている

必要最小限のモノだけで暮らすミニマリスト。

不要なモノを減らせば、モノを管理する費用やストレスが減る。

空間や時間、お金に余裕が生まれ、心にも余裕ができるのだ。

自分にとって必要最小限のモノと好きなものだけで暮らし、心にも余裕を持つのがミニマリストの理想のライフスタイルであろう。

まとめ。ミニマリストは現代の新しいライフスタイルの理想のかたち

必要最小限のモノだけで暮らすミニマリストについて紹介してきた。

彼らにとって幸せはモノではないことは当たり前。モノを減らすことで生まれた心の余裕で、自分のやりたいことに集中して取り組んでいる。

必要最小限のモノだけで豊かに暮らすミニマリストは現代の新しいライフルタイルの理想のかたちと言えるだろう。