海外でクレジットカードの盗難に遭った時にやっておくべきこと

日本でもキャッシュレス化が少しづつ進み、日常的に利用されることも多くなってきたクレジットカード。

海外旅行では高額の現金を持ち歩く必要もなくなり安心だ。さらにキャッシングや旅行保険付帯など、海外旅行におけるクレジットカードの役割は非常に大きい。

海外旅行では2枚以上のクレジットカードを別々の場所で持ち歩くのがよいとされる。リスクの軽減にもなる。もし盗難に遭ってしまっても最悪別のクレジットカードを使い帰国ができる。

現金だけが盗難された場合はもちろん戻ってこないだろう。現金は携行品損害保険も適応されないため諦めるしかない。気持ちを切り替えて旅を続けよう。

クレジットカードはただ諦めるだけじゃ駄目だ。面倒な二次被害に苦しむ可能性がある。

この記事では、クレジットカードにフォーカスして盗難に遭った際の最低限やるべきことをまとめた。

海外でクレジットカードの盗難に遭ったら

海外旅行中にクレジットカードの盗難に遭ったり紛失したら、恐らく焦って動揺するだろう。貴重品を盗られることに慣れている人なんていないだろうし、しょうがない。

なぜ高額の現金の入った財布を持ち歩いたんだろうと自分を責め落ち込むかもしれない。

クレジットカードを紛失した場合、落ち込む前にやるべきことがある。

実は海外でやるべきことは日本国内で盗難や紛失した時と同じことなのだ。

難しくはないので落ち着いたらすぐに次の行動に移ろう。

1、クレジットカード会社に連絡

2、現地の警察に行く

1、クレジットカード会社に連絡

落ち着いたら、まずはクレジットカード会社に電話。

すぐにクレジットカードを利用停止をしてもらい、不正利用による二次被害を防ごう。

もし財布やバックごと盗難に遭った場合もまずはクレジットカードを止めることを優先して、不正利用による二次被害を防ぐことが大事。

ほとんどのクレジットカード会社は24時間365日電話を受け付けているので心配はいらない。

電話をした時点で不正利用されているかも確認できる。カードの再発行が必要な場合や不正利用されていた場合の手続き方法も教えてくれる。

カード会社のサポートデスクに電話さえ繋がれば、オペレーターさんの指示に従えばいいので安心。

海外渡航前の準備も大事。盗難被害に遭った際、スムーズにクレジットカード会社に電話連絡したいものだ。そこで、海外旅行や出張前にはカード会社のサポートデスクの電話番号や滞在国から日本への電話のかけ方を確認しておこう。

海外からはフリーダイヤル「0120」はかけられないなど、意外な落とし穴もあるので要注意。

2、現地の警察に行く

次は近くの警察へ行こう。

警察に行ったら盗難・紛失被害を届け出て、「紛失・盗難証明書」を発行してもらおう。

「紛失・盗難証明書」は「ポリスレポート」などと国によって呼び方が異なるので注意が必要だ。

「盗難・紛失証明書」は非常に大事だ。

この証明書がないとクレジットカードを不正利用された際の「盗難保険」や付帯している「携行品損害保証」の保証を受けることができない。

また、帰国後は「盗難・紛失証明書」は発行できないため、絶対に現地の警察に行って発行してもらう必要がある。

もちろん、警察では英語やスペイン語のように現地の言語でのやり取りが必要になる。言葉も分からずひとりでどうしようもない時でも今後のために、どうにか証明書はもらっておきたい。スマホの翻訳アプリを使ったり、もしもの時用のメモを作ったり工夫するといいだろう。

「クレジットカードの利用停止手続き」と「盗難・紛失証明書を発行してもらう」。

現地ではクレジットカードの盗難に遭った時、最低限この2つだけできれば大丈夫だ。あとは帰国後にカード再発行や海外保険の保証手続きを行えばいい。

予備のクレジットカードを持っているなど、現地でのカード再発行の必要がなければ気持ちを切り替えて旅を続けよう。

もしも盗難に遭ったクレジットカードを不正利用されたら

クレジットカードには「盗難保険」というものがあるので心配しなくても大丈夫。「盗難保険」とは盗難・紛失して不正利用された際、全額が保証されるものだ。

そのため、カードの盗難や紛失に気づいた時点ですぐに前述の行程を行う必要があるのだ。これを怠ると保険の補償対象外となってしまう。

まとめ。

クレジットカードは本当に便利。

高額の現金を持つ必要がなくなるなど、持ってるだけでリスクの軽減にもなる。

もちろん、まずは盗られないこと。貴重品を1ヶ所にまとめて持たないなど、防犯も大事だ。

それでも盗難に遭ってしまったら、やるべきことは日本国内と変わらないのでまずは落ち着き焦りすぎないように。

今回はクレジットカード盗難時にフォーカスした行程をまとめたが「盗難・紛失証明書」があれば、財布やスマホの盗難時に「旅行保険」の補償を受ける手続きが可能になる。

もしものことは急にやってくる。

もしもの時の対処法を調べて知っているだけでも安心して、より旅を楽しむことができるだろう。