フッドの現実とそこで生きる青年の葛藤、HIPHOP映画の不朽の名作『Menace Ⅱ Society』

HIPHOP

映画で深掘りHIPHOP。

スラングでアフリカ系やヒスパニック系が多く住むエリアはフッド[Hood]と呼ばれ、そこでの厳しい生活やギャング、音楽との関わりをリアルに描いた映画がフッド・ムービー[Hood Movie]と呼ばれ、ジャンルとしても確立。

今回はHIPHOP映画のクラシックのひとつとされる不朽の名作『Menace II Society[メーネンス・トゥ・ソサイエティ](1993)』を紹介。

『MENACE Ⅱ SOCIETY』

『Menace Ⅱ Society[メーネンス・トゥ・ソサイエティ]』はサウスロサンゼルス[South LosAngeles]のワッツ地区[Watts]を舞台にフッド[Hood]の現実とそこでで生きる青年の葛藤や厳しい生活を映し出した、Albert Hughes[アルバート・ヒューズ]、Allen Hughes[アレン・ヒューズ]兄弟監督作品。

冒頭の衝撃的なシーンから始まり、抗争や警察からの人種差別と暴力、蔓延するドラッグと抜け出せない負の連鎖の中、葛藤しながら生きる青年の様子が垣間見れる。

当時のファッションや文化、アメリカで最も危険な地域のひとつとされるワッツ地区の街並みにも注目。

Menace Ⅱ Society[メーネンス・トゥ・ソサイエティ]
[JAPANESE TITLE] ポケットいっぱいの涙
[DIRECTOR] Albert Hughes[アルバート・ヒューズ], Allen Hughes[アレン・ヒューズ]
[RELEASE] May26,1993
[TIME] 97min
[COUNTRY] United States[アメリカ]

PLOT

麻薬取り引きのトラブルで父親を亡くし、ドラッグの過剰摂取で母親を亡くしたケインは、ワッツ地区の祖父母のもとで育てられた。“殺られたら殺りかえす”という、日常的に人の死に直面せざるを得ない環境で18歳までなんとか生き延びてきた彼だったが、友人の殺人現場に居合わせた事から、次第に悲劇に巻き込まれてゆく。

CAST

  • Tyrin Turner[タイリン・ターナー] – Kaydee “Caine” Lawson[ケイン・ローソン]
  • Jada Pinkett[ジェイダ・ピンケット] – Ronnie[ロニー]
  • Larenz Tate[ラレンズ・テイト] – Kevin “O-Dog” Anderson[O・ドッグ]
  • Julian Roy Doster[ジュリアン・ロイ・ドスター] – Anthony[アンソニー]
  • Khandi Alexander[カンディ・アレクサンダー] – Karen Lawson[カレン・ローソン]
  • MC Eiht[MC・エイト] – A-Wax[A・ワックス]
  • Too Short[トゥー・ショート] – Lew-Loc[ルー・ロック]

SOUNDTRACK

Menace II Society (The Original Motion Picture Soundtrack)
[LABEL] Jive Records
[RELEASE] 1993
[TIME]1’06’28
  1. Spice 1 “Nigga Gots No Heart”
  2. MC Eiht “Streiht Up Menace”
  3. Any Banks “Packin’ a Gun”
  4. Kenya Gruv “Top of the World”
  5. Too $hort “Only the Strong Survive”
  6. Mz. Kilo “All Over a Hoe”
  7. Da Lench Mob “Guerillas Ain’t Gangstas”
  8. Smooth “You Been Played”
  9. Brand Nubian “Lick Dem Muthaphuckas”
  10. Pete Rock, CL Smooth, YG’z “Death Becomes You”
  11. Hi-Five “Unconditional Love”
  12. Boogie Down Productions “”P” Is Still Free”
  13. The Cutthroats “Stop Lookin’ at Me”
  14. UGK “Pocket Full of Stones(Port Arthur Remix)”
  15. DJ Quik, J.F.N., KK “Can’t Fuck Wit a Nigga”
  16. Spice 1 “Trigga Gots No Heart(Bonus Track)”

HIPHOP×MOVIE

深掘りすればするほど面白くなるHIPHOP。

映画は手軽にカルチャーや雰囲気に触れることができるコンテンツ。

今に繋がるアメリカの問題やカルチャーに気軽に触れるきっかけを与えてくれるHIPHOP映画はぜひおすすめ。