[フィジーSIM]ラウトカのショッピングセンターで「Vodafone」のSIMカードを購入

Export

SIMフリーのスマホを持っているなら、現地のSIMカードを購入していつも通りにスマホを使うのが便利。

初めて行く場所でもスマホが使えれば気持ち的にも楽になるはずだ。

この記事では「2019年7月にフィジー[Fiji]へ行った際に現地でSIMカードを購入して使用したこと」をまとめた。

SIMカードを購入した場所

フィジー[Fiji]の主要産業であるサトウキビ。そんなサトウキビ専用の運搬列車の線路が目の前に通り、人気ファッションブランドのショップや大型スーパー、フードコート、映画館などが入っている大型ショッピングセンター「Tappoo City Lautoka[タプー・シティ・ラウトカ]」。

今回SIMカードを購入したのは、Tappoo City Lautokaの1階にあるVodafoneのショップ。

今回購入したSIMカード

今回購入したのは、VodafoneのプリペイドSIMカード。

6日間有効のデータ容量3GBでFJ$11.70(約580円)。

料金表では3GBでFJ$7だが、これにSIMのスターターパックが追加される。

支払いはクレジットカード。

パスポートの提示はスマホの写真でOK。

アクティベート方法[iPhone7]


パスポートの写真を表示したiPhoneを渡せば、アクティベートはすべてショップの店員さんがやってくれる。

SIMカードの台紙が普通の半分くらいのサイズだった。

「Bula[ブラ]」とはフィジー語で「Hello[こんにちは]」。

現地SIMで旅を満喫

ラウトカ[Lautoka]には各種キャリアのショップが点在していた。

ショッピングセンターでSIMカードを買う前に、別のVodafoneのショップとDigicel[デジセル]のショップに行ったが、クレジットカードが使えずに諦めた。

ちなみにDigicelのSIMも料金は同じくらいだった。