[ヒップホップカルチャー入門]これだけは知っておきたい、ヒップホップの4大要素

ヒップホップとは何なのか。

ヒップホップは音楽のジャンルの1つとしても確立されている。

しかしヒップホップはもっともっと奥が深い。

この記事では、ヒップホップの4大要素を紹介し、ヒップホップカルチャーの奥深さを紹介。

ヒップホップとは?

一般的にヒップホップは音楽のジャンルだと認識されていることが多い。

しかしそれだけではない。

70年代ニューヨーク、サウスブロンクスで誕生した新しいカルチャー

ヒップホップとはカルチャーのことである。

ヒップホップ (hip hop) は、1970年代のアメリカ合衆国ニューヨークのブロンクス区で、アフロ・アメリカンやカリビアン・アメリカン、ヒスパニック系の住民のコミュニティで行われていたブロックパーティから生まれた文化。

Wikipedia

70年代のサウスブロンクスはまさにスラム街。アフリカ系やカリブ系、ヒスパニックの住民が暮らすぼろぼろの集合住宅が建ち並んでいた。多くの人が貧困に苦しみ、ドラッグに溺れる人やギャング達で溢れていた。

70年代初頭、世間はディスコブーム。

サウスブロンクスで生まれ育った若者たちは貧困のため、ディスコへ遊びに行くお金などなかった。

そこで彼らは公園に集まり自分たちでパーティを開いた。このパーティのことを「ブロックパーティ」と呼んだ。ターンテーブルなど音響機材を外に持ち出し、街灯から電源は奪った。

ブロックパーティではDJがターンテーブルを操って曲を流し、ダンサーたちが踊った。MCは曲のビートに合わせラップで盛り上げる。その片隅でグラフィティアーティストはグラフィティを仕上げた。

これがヒップホップカルチャーなのである。

ヒップホップの4大要素

ヒップホップには要素がある。

基本的なヒップホップの4大要素とは、

  • ラップ(MC)
  • DJ
  • ブレイクダンス(Breakin)
  • グラフィティ(Graffiti)

の4つである。

ラップ(MC)

MCは「Microphone Controller[マイクロフォン・コントローラー]」の略称。

ラップはもともと司会者(MC)が曲間や間奏中に曲の紹介をしたり、会場を盛り上げるためにマイクパフォーマンスをしたのが始まりである。

やがて曲のビートにライムを乗せる現在のラッパーになっていった。

MCバトルで見られるようなフリースタイルラップはアフリカンの母親を罵り合い言い返せなくなったら負けというルールの「ダズンズ」という言葉遊びが元になっているとも言われている。

DJ

DJは「Disk Jockey[ディスク・ジョッキー]」の略称。

DJは2台のターンテーブルでレコードを回し曲を繋ぐ。

今ではレコードよりもCDやPCが主流である。

ヒップポップの最重要人物として3人のDJが挙げられる。

  • DJクール・ハーク[DJ Kool Herc]
  • アフリカ・バンバータ[Afrika Bambaataa]
  • グランドマスター・フラッシュ[Grandmaster Flash]

ヒップホップ創世記に活躍したこの3人は名前だけでも覚えておくといいだろう。

ブレイクダンス(Breakin)

ブレイクダンスはもともとギャング同士の銃や暴力での抗争の代わりに行ったダンスバトルから発展していった。

なのでヒップホップでいうブレイクダンスとは主にバトルのことである。

グラフィティ(Graffiti)

グラフィティは路地裏の壁やトンネル、電車などにスプレーやペンキで描かれたストリートアートのことである。

単なる迷惑な落書きなのか、アートなのか。

グラフィティも掘り下げると奥が深い。

まとめ、実はヒップホップは9大要素

ヒップホップがただの音楽ジャンルではなく偉大なカルチャーだということが分かってもらえただろうか。

これだけは知っておきたい、ヒップホップの4大要素

  • ラップ(MC)
  • DJ
  • ブレイクダンス(Breakin)
  • グラフィティ(Graffiti)

基本的なこの4つの要素を紹介した。

だがこの4大要素にアフリカ・バンバータ[Afrika Bambaataa]が「知識」を加えて5大要素に。

さらにKRS-One[KRS・ワン]が「言語」、「ビートボックス」、「ファッション」、「起業精神」を加え9大要素となっている。

ヒップホップは本当に奥が深いのだ。