パソコンのメモリとストレージの違い

パソコンのメモリとストレージはご存知だろうか。

なんとなくは聞いたことあるけど、詳しくは知らない人がほとんどだろう。

先日のことだ。

MacBookがいくらくらいで買えるのかAppleのサイトを見ていた。知っている人もいると思うが、ボディカラーを選択したり、課金オプションによる保存容量のカスタマイズができる。

そこで目にしたメモリとストレージ。どちらも〇GBと表記されているのでデータ保存の容量というのは想像できる。しかし、メモリもストレージも容量を上げるのに課金オプションだ。

それぞれの違いはなんだろうか。

この記事は、パソコンのメモリとストレージの違いをできるだけシンプルにまとめた。

メモリとは

データ処理をするためにデータを一時的に置いておく場所。

メモリ容量が大きいほうが一度にデータ処理ができる量が増えるので、パソコンの性能が上がる。

メモリは他に、主記憶装置、メインメモリ、RAMなどと呼ばれる。

ストレージとは

書類や写真などのデータを永続的に保管する場所。

ストレージ容量が大きくなると、データ保存可能容量が増える。

ストレージは他に、補助記憶装置、ROMなどと呼ばれる。

分かりやすくすると机と棚

メモリとストレージの役割の違いは机と棚に例えると分かりやすい。

メモリを机に例える

メモリを作業ができる机に例えてみよう。

メモリ容量が小さいとは、机が狭いことと一緒で、一度に多くの作業ができない。

メモリ容量が大きいとは、机が広いことと一緒で、一度に多くの作業ができる。

ストレージを棚に例える

ストレージをなんでも物が置ける棚に例えてみよう。

ストレージ容量が小さいとは、棚が小さいことと一緒で、少しの物しか保管できない。

ストレージ容量が大きいとは、棚が大きいことと一緒で、多くの物が保管できる。

机(メモリ)と棚(ストレージ)を使い文章を書いてみよう

机(メモリ)に棚(ストレージ)からノートを出して広げる。

文章を書いていたが、漢字を忘れたので棚から辞書を出して調べる。

書くのが疲れたので、ノートや辞書を棚にしまう。

こんな感じのイメージで十分だろう。

まとめ

「メモリはデータを一時的に置いておく場所。」

例えるなら、机。

「ストレージは永続的にデータを保管する場所。」

例えるなら、棚。

以上、

メモリとストレージの違いをできるだけシンプルにまとめてみた。