シンプルな料金プランの格安SIM『LINEモバイル』で新規番号契約

LIFE

初めて格安SIMを契約してみた。選んだのは『LINE MOBILE[ラインモバイル]』。

この記事では「『LINEモバイル』や格安SIMの特徴、実際の契約からアクティベートまでの流れ」をまとめた。

格安SIMとは

簡単に言うと携帯3大キャリア(docomo、SoftBank、au)以外が提供しているSIMカードのこと。

『LINEモバイル』以外にも「Y!mobile」「Rakuten Mobile」「BIGLOBE」「UQ mobile」「mineo」などの格安SIMがある。

格安SIMの一番の特徴は利用料金の安さ。

3大キャリアの平均月額費が約7000円のところ、格安SIMの場合平均月額費は約2400円と破格。

この安さの主な理由は2つ。

大手キャリアの回線を借りてサービスを提供している点と、ウェブ申し込みを基本とし、テナント料や従業員人件費など店舗運営費を削っている点だ。

「docomo」や「au」の店舗はよく見かけるが、『LINEモバイル』や「楽天モバイル」の店舗はほとんど見かけないだろう。

『LINEモバイル』の特徴

『LINE MOBILE[ラインモバイル]』の特徴をいくつか紹介。

月額500円〜ワンコインで始められる

月額500円からのお手頃プランをご用意。大手携帯電話会社に比べて、お得な価格でスマートフォンを利用できます。

LINEや主要SNSのデータ通信量がゼロ

LINEや主要SNS、LINE MUSICのデータ通信量がカウントされません。LINE通話も画像・動画も、データ通信量を気にせず楽しめます。

データ通信量は家族・友だちとシェア

データ通信量はLINEアプリで繋がっている家族や友だちにプレゼントすることができます。使いきれなかった分は、翌月に繰り越しが可能。

お使いのiPhoneもそのまま使える

難しい手順は一切なし。契約後に届くSIMカードをiPhoneに挿入するだけで、乗り換え完了です。

アプリのデータも今の電話番号もそのまま

ご利用中のスマートフォンをそのまま使うなら、アプリや写真のデータ移行は必要なし。電話番号もご利用中のものをそのまま使い続けられます。

好きな回線が選べる

お住まいの地域や使用したい端末などによって、ソフトバンク回線/ドコモ回線/au回線からお好きな回線を選択可能。

LINEアプリの年齢認証・ID検索に対応

大手携帯電話会社と同じように、LINEアプリの年齢認証に対応。ID検索で離れている友だちともLINE交換ができます。

LINE MOBILE

『LINEモバイル』の料金プラン

『LINE MOBILE[ラインモバイル]』の料金プランは3種類。

LINEフリー

  • データフリーは「LINE」のみ
  • SIMカードのタイプは「データSIM」「データSIM(SMS付き)」「音声通話SIM」
  • データ容量は「1GB」
容量データSIMデータSIM(SMS付き)音声通話SIM
1GB月額500円月額620円月額1,200円

コミュニケーションフリー

  • データフリーは「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」
  • SIMカードのタイプは「データSIM(SMS付き)」「音声通話SIM」
  • データ容量は「3GB」「5GB」「7GB」「10GB」
容量データSIM(SMS付き)音声通話SIM
3GB月額1,110円月額1,690円
5GB月額1,640円月額2,220円
7GB月額2,300円月額2,880円
10GB月額2,640円月額3,220円

MUSIC+

  • データフリーは「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」「LINE MUSIC」
  • SIMカードのタイプは「データSIM(SMS付き)」「音声通話SIM」
  • データ容量は「3GB」「5GB」「7GB」「10GB」
容量データSIM(SMS付き)音声通話SIM
3GB月額1,810円月額2,390円
5GB月額2,140円月額2,720円
7GB月額2,700円月額3,280円
10GB月額2,940円月額3,520円

『LINEモバイル』その他の料金

通話料


国内通話 20円/30秒

※電話番号で通話するには「音声通話SIM」の契約が必要。

データ容量の追加購入

0.5GB 500円〜

初期費用

SIMカード発行手数料 400円

ウェブ登録事務手数料 3000円

各種手続きに必要な手数料

SIMカード変更手数料 3000円

回線変更手数料 3000円

MNP転出手数料 3000円

オプションサービス

多数あるオプションサービスの一部を紹介。

  • 10分電話かけ放題オプション 月額880円
  • 端末保証 月額450円
  • 持込端末保証 月額500円
  • LINE MUSICオプション 月額750円

初回料金シュミレーション

実際に申し込んだプランで計算。

  • コミュニケーションフリープラン(3GB/音声通話SIM) 1690円
  • SIMカード発行手数料 400円
  • ウェブ登録事務手数料 3000円

合計 5090円

合計金額の5090円のうち3400円は初期費用のため初回のみ。

今回、回線の種類は「docomo」、SIMカードサイズはiPhoneのため「ナノSIM」にしたがどれを選んでも料金は変わらない。

契約の2年縛りのようなものはあるのか

『LINE MOBILE[ラインモバイル]』では「音声通話SIM」のみ12ヶ月の最低利用期間が設けられている。

最低利用期間内の解約や乗り換えの解約手数料(違約金)は9800円。

番号をそのまま他社に乗り換えの場合はさらにMNP転出手数料3000円が加わり、12800円となる。

新規番号契約の申し込みに必要なもの

スムーズに申し込みができるよう次のものを準備しておくと良いだろう。

他社から番号をそのままに乗り換えたい場合には、さらに「NMP予約番号」必要。

SIMフリーのスマートフォン

端末の同時購入をしない場合は用意必須。

今回はずっと使っているロンドンで買ったiPhone7を用意。

本人確認書類

本人確認は必須。運転免許証、保険証、マイナンバーカード、パスポートなどが該当。スマホのカメラで撮影しておくとスムーズ。

クレジットカード

料金支払い用のクレジットカード。

メールアドレス

仮申し込み後に「本人確認書類アップロードURL」がメールで届くため必須。

新規番号契約の流れ

実際に申し込んでからアクティベートしてスマホが使えるようになるまでの流れを紹介。

『LINEモバイル』に申し込み

  1. プラン選択
  2. お客様情報入力
  3. 本人確認 (本人確認書類をアップロード)
  4. 支払方法選択
  5. ログインID・パスワード設定
  6. 申し込み完了

商品(SIMカード)を受け取る

「契約成立」のメールの受信後にSIMカードが送られてくる。

ヤマト急便で送られてきた。

端末も同時購入をしていれば一緒に送られてくるそうだ。

送られてきたグレーのパッケージの中にはSIMカードとマニュアルが入っている。

こんな感じでSIMカードが入っている。

設定方法などが記載されたマニュアルも入っているので安心。

SIMカードをiPhoneに挿入

SIMカードのトレイを開けるピンはついていない。

ANP設定をする

Wi-Fiに繋いで「APN構成プロファイル」をインストール。

設定完了

アクティベートがうまくいくと電波が繋がり通信できるようになる。

格安SIM、違和感なく使える

『LINE MOBILE[ラインモバイル]』を実際に使ってみてまったく違和感を感じなかった。

格安SIMだが、以前契約していた「docomo」と変わらない。