アメリカのリアルが突き刺さる怒涛のラップが圧巻の映画「ブラインドスポッティング」は要チェック

8月30日より上映されている映画「BLINDSPOTTING[ブラインドスポッティング]」を紹介。

BLINDSPOTTING[ブラインドスポッティング]

カルロス・ロペス・エストラーダ[Carlos López Estrada]監督作品

2018年/アメリカ/95分

ABOUT THE MOVIE

指導監督期間残り3日間。

地元オークランドで何の問題も起こさずに、無事に乗り切ることができるのかー。

オークランドが地元で黒人のコリン(ダヴィード・ディグス)は保護観察期間の残り3日間を無事に乗り切らなければならない。コリンと、幼馴染で問題児の白人マイルズ(ラファエル・カザル)の2人は引越し業者で働いている。ある日、帰宅中のコリンは突然車の前に現れた黒人男性が白人警官に背後から撃たれるのを目撃する…。これを切っ掛けに、2人はアイデンティティや、急激に高級化する生まれ育った地元の変化などの現実を突きつけられ、次第に2人の関係が試されることとなる。コリンは残り3日間耐えれば自由の身として新しい人生をやり直せるのだが、問題児マイルズの予期できぬ行動がそのチャンスを脅かす…。

映画『ブラインドスポッティング』オフィシャルサイト

CAST

ダヴィード・ディグス[Daveed Diggs]

ラファエル・カザル[Rafael Casal]

ジャニナ・ガヴァンカー[Janina Gavankar]

ウトカルシュ・アンブドゥカル[Utkarsh Ambudkar]

ジャスミン・シーファス・ジョーンズ[Jasmine Cephas Jones]

オークランドとヒップホップ

「ブラインドスポッティング」の舞台はオークランド[Oakland]。

オークランドはカリフォルニアのベイエリア、サンフランシスコ湾の東側に位置する港湾都市。

このオークランドはヒップホップにとって特別な場所のひとつ。

オークランドは多くのヒップホップアーティストを輩出。

一部を紹介すると、Souls of Mischief[ソウルズ・オブ・ミスチーフ]、MC Hammer[MCハマー]、Too $hort[トゥー・ショート]、Digital Underground[デジタル・アンダーグラウンド]など。

あの2Pac[2パック]もDigital Underground[デジタル・アンダーグラウンド]に加入してラッパーとしてのキャリアをオークランドでスタートさせた。

そして、黒人民族主義運動・黒人解放闘争を展開していた「ブラックパンサー党」も60年代にオークランドで結成。ブラックパンサー党は2Pacの母親が党員であったことでも有名。

また本作のコリン[Collin]役のダヴィード・ディグス[Daveed Diggs]はラッパーでもある。

ブラインドスポッティング=盲点

立場の違いによって見えるものは違う。

身近にある銃、様々な人種が行き交う街、広がる経済格差、黒人に対する警官の態度などすべてが今のアメリカのリアル。

「BLIMDSPOTTING[ブラインドスッポティング]」は、そんなアメリカのドープなテーマをコメディ要素やラップを織り交ぜたテンポよく進む作品。

劇中の楽曲もほぼヒップホップでいい感じだ。

渋谷シネクイントや新宿武蔵野館で上映中なのでぜひチェックしてもらいたい。