買い替えた新型『MacBook Air』はこんな感じ

LIFE

先日、長年使っていたMacBook Proから『MacBook Air』に買い替えてみた。

「世界に再び、軽さの衝撃を。」

AppleのHPで見たこの言葉は本当だった。

この記事ではこれからオレの相棒となる『MacBook Air』をちょっとだけ紹介。

『MacBook Air (Retina,13-inch,2018)スペースグレー』

最も愛されているMacが、世界中のみなさんの心をもう一度奪います。
シルバーに加えて、スペースグレイとゴールドの仕上げが登場。より薄く、より軽くなった
新しいMacBook Airは、鮮やかなRetinaディスプレイ、Touch ID、最新世代のキーボード、
感圧タッチトラックパッドを搭載しています。象徴的なウェッジ型のボディは100パーセント
再生アルミニウムで生まれ変わり、これまでのMacの中で最も環境に優しいモデルになりました。あなたの一日に最後まで付き合うバッテリーも内蔵しています。好きな場所で
好きなことを好きなだけできる完璧なノートブック。それが、MacBook Airです。

Apple HP

購入したのはこんな感じ。

購入時のカスタマイズ

AppleのHPから購入の場合だとカラーの選択だけでなく、メモリ、ストレージ、キーボードのカスタマイズができる。

  • メモリ:8GB→16GB (+税抜¥22,000)
  • ストレージ:256GB→516GB (+税抜¥22,000)
  • キーボード:US

購入価格

メモリとストレージの容量をベースモデルよりも大きくした。

総額¥216,864

サイズと重量

  • 厚み:0.41〜1.56cm
  • 幅:30.41cm
  • 奥行き:21.24cm
  • 重量:1.25kg

システム構成

  • プロセッサ:1.6GHzデュアルコア第8世代Intel Core i5 (Turbo Boost使用時最大3.6GHz)
  • メモリ:16GB 2,133MHz LPDDR3
  • ストレージ:512GB SSD
  • ディスプレイ:13.3インチ(2560×1600)Retina
  • グラフィックス:Intel UHD Graphics 617
  • キーボード:バックライトキーボード(US)
  • 感圧タッチトラックパッド
  • Touch ID
  • Thunderbolt3ポート x2

キーボード

新型『MacBook Air』のキーボードにはAppleのバタフライ構造が採用されている。最近、Macではおなじみのバタフライキーボードも今回で第3世代となる。

以前よりも安定性が増したとのことで、タイピングの感じはかなり軽い。音も以前のカチッカチッよりも鈍くなり静かになったと感じた。

もちろんバックライトも搭載されている。

そして今回、初めてキーボードの配列を日本語(JIS)ではなく英語(US)配列にしてみた。

このキーボードのカスタマイズは無料。他にも中文や韓国語、スペイン語などの選択も可能だ。

「英字」と「ひらがな」の入力切替えキーがなくて一瞬失敗したかと思ったが、[control]+[space]で切替えができる。

USキーボードも慣れれば問題ない。

無駄がなくかっこいいのは間違いないだろう。

Touch ID

Touch IDの先を行く安全性と使いやすさが、MacBook Airにやってきました。Touch IDセンサーに指先を置くだけで、瞬時にあなたのMacのロックを解除できます。ロックされた書類やメモ、システム設定にも指先で触れるだけですばやくアクセスできるので、ここでもパスワードを入力する必要はありません。オンラインショッピングも一段と簡単に楽しめます。支払う時にApple Payを選び、ワンタッチするだけで完了です。配送先や請求先の情報を入力する必要はなく、あなたのクレジットカードの詳細が共有されることは決してありません。Touch IDが、あなたの個人情報をしっかりと守れるようにします。


Apple HP

今回の新型『MacBook Air』購入の一番の決め手でもあるTouch ID。

キーボードの右上に配置されている。

Touch IDをタッチするだけでパスワード入力の手間を省いてくれる。何よりも指紋がパスワード代わりとなり安全だ。

この機能を待っていた。

新型『MacBook Air』はパッケージもスタイリッシュ

Apple製品はパッケージもシンプルでスタイリッシュ。開封時には毎回わくわくさせてくれる。

今回の新型『MacBook Air』はこんな感じ。

『MacBook Air』パッケージ開封

『MacBook Air』同梱物

  • MacBook Air (本体)
  • USB-C充電ケーブル(2m)
  • 30W USB-C電源アダプタ

無駄がなくシンプル

側面にはThunderbolt3ポートが2つ。

反対側にはイヤホンジャックのみ。

画面向かって左側
画面向かって右側

ちょうどいい

軽さと薄さの衝撃を与えてくれた新型『MacBook Air』。

バッテリーも最大12時間持続。

電源アダプタのサイズもだいぶコンパクトになっていた。

持ち運びが楽になるはずだ。

スペック的にも自分にはちょうどいい。

あとMacに欲しいのは今のところ防水機能くらいだ。